公営競技の一つである競馬のはじまり

競馬は公営競技の1つとして多くの方に楽しまれています。競馬が好きな方は、競馬予想のサイトや的中率が高い予想屋のブログなどを参考に馬券を購入し、結果によって一喜一憂するのではないでしょうか。

競馬が始まったのは

競馬は、紀元前1000年頃から行われていたと言われるほど歴史が古く、古代オリンピックの種目の1つにもなりました。1540年には、イギリスに世界で初めてとなる競馬場が建設され、ルールを定めた近代競馬の発祥となっています。その後アメリカやカナダ、ヨーロッパ、アフリカ、南米、アジアなど、世界中に広まります。

日本での競馬

日本では、最古の競馬の記録が701年となっています。「うまくらべ」と言われて親しまれ、朝廷の儀式や神社での祭礼といった神事として行われていました。ただし、この頃の競馬は賭け事ではありません。賭け事として楽しまれる競馬は、鎖国が終わった後、横浜にあった外国人居留地内で行われたのが初めてだとされています。当時は馬券の販売が禁止されており、1923年の競馬法制定後、正式に馬券販売が許可されることになります。

競馬法が制定された後

1923年の競馬法が制定され、各地の競馬倶楽部で馬券が販売されるようになります。1931(昭和6)年には複勝式勝馬投票券が販売され、翌年には日本ダービーが創設されます。競馬事業が大きくなると、各地の競馬倶楽部独自の形態が非効率となり、それを改善するために1936年に競馬法が改正されます。さらに第二次世界大戦後の1948年には新競馬法が制定され、日本中央競馬会法が1954年に公布されます。より良い競馬事業の展開を目指して法改正を繰り返していることを考えると、日本における競馬の必要性を感じることができるのではないでしょうか。

当店では、場立ち予想やWIN5単発予想、FREE予想、記念馬券の商品を取り扱っております。注目馬のご紹介はもちろん、的中率や回収率、独自の調査による人気で消える馬についてなど、様々な情報を格安で提供しております。中央競馬や地方競馬で的中を目指したい方、競馬予想に興味がある方は是非ご活用ください。